テンカラ釣りの簡単な始め方まとめ(竿などの道具、糸の結び方等)【セット不要】

fishing遊び
Photo by Sticker Mule on Unsplash

私は10年以上釣りを趣味としてきました。
趣味が高じて、一時釣りメーカーで働いたりもしてました。
そんな私が、いつかやってみたいと思い続け今年はじめた
テンカラ釣りについて紹介します。

私の釣り遍歴ですが、最初はブラックバスフィッシングにハマりました。その後、海の堤防釣り、船釣りと釣りの幅を広げて10年以上の釣り経験に。そして今年、テンカラデビューを果たしました。
(ですので、わりと”強くてニューゲーム”な状態ではありました!)

フライフィッシングをはじめとする毛鉤を使った釣りって、釣りに慣れた方でもハードルが高いと感じます。毛鉤を自作したりして、なんだか高尚な世界っぽくて・・・
そんなイメージがあったので、私もスタートまで時間がかかりました。

でも、いざテンカラをやってみると全然難しくない!
釣りをしたことがいない初めての方にも向いてるかなと思いました。

どの釣りジャンルにも共通しますが、釣り道具も仕掛けの作り方も
選択肢がいっぱいあるのが初心者を惑わせる原因だと思うんです。
なので、テンカラ釣りを始めるにあたりいろいろ調べたなかで、
できるだけ手軽に始めたいと思いながら私が実践した方法を紹介します。

この記事だけ読んでいただいて、
紹介している道具をそろえて釣り場に行けば、とりあえず釣りになります!
なので、あんまり難しく考えずに始めちゃいましょう!
(釣り人あるあるですが、釣り道具を買うときが一番楽しいですよね笑)

テンカラとは・・・

テンカラは、渓流でニジマスとかヤマメ、イワナといった川魚を毛バリで釣る日本発祥の古くからある釣法です。
テンカラという名前は「10color(テンカラー)」に由来するという説もある(?)くらい、全国の釣り場や釣り人によって各々個別のスタイルで行われてきたものらしいです。
そもそもはゲームフィッシングではなく川魚をターゲットにした漁師により育まれた釣り方で、ものすごいプロ感がある釣りジャンルです。
漁師発祥の釣りといえど道具はめちゃくちゃシンプル。
エサもいらないし子供でも簡単にできるすごくライトな釣りです。

なんでテンカラ?

アウトドアブランドやアパレルブランドなど、釣り具メーカー以外の会社がテンカラ竿を発売していて、テンカラは数ある釣りの中でもかっこいい釣りというイメージがありました。

なのでいつかはやってみたい!と思い続けて数年、新たな釣りを開拓したくて調べ始めました。

調べれば調べるほど魅力満載なバックストーリーがあるテンカラ。
興味のある方はぜひググったりyoutubeで探すなりしてみてください!
たとえばこんな記事が。

「テンカラ」で始まる、熊谷隆志さんの洒落た“釣りバカ日誌”|OCEANS オーシャンズウェブ
スタイリストとしてだけでなくさまざまな分野で活躍し、オーシャンズ世代の先頭を突っ走る熊谷隆志さん。今回彼が訪れたのは、北海道・旭川。お目当ては、伝統的なジャパニーズ・フライフィッシング「テンカラ」である。テンカラをこよなく愛するネペンテスのチームに同行したのは、今回で2回目。厳寒の旭川で、熊谷さんは
シンプル・フライフィッシング・テンカラ・フライ・ロッド 11'6"(350cm) | パタゴニア | 公式オンラインショップ | SFF Tenkara Fly Rod 11ft 6in
シンプル・フライフィッシング・テンカラ・フライ・ロッド 11'6"(350cm)を販売しています。15,000円(税込)以上のご注文は送料無料でお届けします。サイズ交換にかかる送料はすべてパタゴニアが負担します。製品を長くご使用いただくための製品保証や修理サービスも充実しています。
nepenthes online store | South2 West8 × Sakura - Tenkara Rod "Masurao" / 4.5m
nepenthes online store | South2 West8 × Sakura - Tenkara Rod "Masurao" / 4.5m

道具まとめ

✔テンカラに必要な道具はざっくり4つのみ!

  1. 竿(ロッドとも言います)
  2. メインライン(糸①:竿とハリスをつなぐ太めの糸)
  3. ハリス(糸②:メインラインと毛鉤をつなぐ細めの糸)
  4. 毛鉤

選ぶのもめんどくさい人用に、自分が買った道具一式のリンクを置いておきます!

1.竿

長さは一般的に3-4mくらいなんですけど、短いほうが扱いやすかったり、長いと頭上にある木に引っ掛けちゃったりするので、3.3mくらいがおススメです。
釣りをするエリアにもよりますけど、私が住んでる関東は比較的小場所も多いしこの程度かなと。

あ、私がダイワ党なのでダイワ製品多めです。
色んなメーカーさんからテンカラの製品出てますけど、少なくとも最初はダイワとかシマノがコスパ良い気がします。

2.メインライン

この辺からややこしくなってきて、謎に糸の種類がいろいろあります。
テンカラに必要な糸は二種類で、まずはメインライン。

メインラインは太めのラインで、重みと硬さがあることにより毛鉤を遠くに飛ばす役割があります。
メインラインもいろいろあるんですけど、おススメは「レベルライン」です。
なぜなら安いから!

そして重さがあると投げやすかったりするので、ちょっと太めの4号くらいがおススメです。
(ちなみに、バスをやる人とかであれば同じ太さのバス用ラインとかでも普通に大丈夫です。)

他に一般的なラインとして、糸が先に行けば行くほど細くなってく「テーパーライン」というのもあります。これだと投げやすいんですが高いし今回はパスです。
(けど、実際投げやすいので、テンカラにハマってきたら是非一度お試しを!)

3.ハリス

二つ目の糸、ハリス。
これは細めの糸でメインラインと毛鉤をつなぎますが、毛鉤に直接つけるものなので、魚にも目立たないよう細く、透明な糸です。こちらは細目で0.8号ほど。

ちなみに、私はもっとコスパの良いこちらを使ってますので倹約家の方はぜひこちらを。
バス用ですがまったく問題ないです!
他の釣りにも使えるしいっぱい入ってた方がおトクです。あと糸の太さは0.8号が3ポンドですので一緒です。

4.毛鉤

これは本当に奥深くて私自身いまだによくわかってません。
しかし、初心者がまずは揃えるべき方向性、みたいなものが見えてきましたので3つ挙げてみます。
(ちなみに、勝手なイメージで私は毛鉤は自分で巻くものと思ってたんですが普通に売ってます。)

  • ドライフライ
  • ウェットフライ
  • サカサ

✔ドライフライ
浮くタイプです。
魚が水面まで来て毛鉤をくわえるのが目で見えるのでものすごく楽しい毛鉤です。
でもあんまり釣れないので、一応パイロット的に持っておく感じでしょうか。

✔ウェットフライ
沈むタイプです。
水面までビビって出てこない魚にアピールするもので、
釣れやすいけど釣れた瞬間は見えないので、ドライフライに比べるとつまらないかも。
けど毛鉤としては王道なのかな。

✔サカサ
ぜひ買ってほしいのがこちら。
テンカラならではの毛鉤で、釣り人が毛鉤を動かすことで魚を誘い出すことができる攻めの毛鉤。
”釣れた”ではなく”釣った”という感じになり、興奮します。
川の流れに乗って流れていく毛鉤に対し、竿を数cmだけ手前に引いて毛鉤をピクッピクッと動かす感じです。

サイズは12~16号の間であれば適当に買って問題ないと思います。
そしてこの3種の毛鉤をローテーションしていけば、いずれ魚にたどり着けるはず。
こまめに毛鉤を変えていると魚の反応がガラッと変わる瞬間があり、それも楽しいです。

その他の道具は100均で揃います

細かい道具で、これだけはあったほうが良いものを箇条書き。(全部100均でOKです)

  • 小さいはさみ:糸を切ったりするので裁縫用のものとか、爪切りとか、とにかく小さいものがよいです。
  • ペンチ:魚の口から毛鉤を外すときにあったほうが便利です。あと針のカエシをつぶしたり。
  • タオル・ウェットタオル:手を洗ったり体をふいたりするとき便利。
  • ミニバッグ:糸や毛鉤、上記道具などを持ち歩けるもの。

釣った魚を持ち帰る場合は下記も。

  • ナイフor調理用ばさみ:これも釣り場によっては備え付けのものがあります。
  • スーパーの袋とかジップロック等:捌いた魚を入れて水漏れしないもの。
  • 発砲スチロール・保冷剤:現場でも売ってますけど家にあるものとかで十分。

これらもちゃんと買おうと思うと沢山の選択肢がありますが、
釣りに慣れていく中で必要な機能などが見えてきますので、初めに良いものを揃えてしまうより、
順に買っていく方が失敗がないと思います。

セッティング糸の結び方

道具がそろったら次はセッティング!
ここがはじめは難しいんですが、
いろいろ調べて経験した結果これが一番楽ちんかなって方法をご紹介します。

糸の結び方

ココは勉強が必要です。
でも覚えるのは簡単な3種類の結び方だけ!
といいつつ、ほぼ同じ結び方があるので実質2種類です。
※本当に簡単なので、わかりにくいんですけど、ぜひ手を動かしてみてほしいです。

  • (A)8の字結び(ストッパーとしてコブを作る)
  • (B)二重8の字結び(コブに引っ掛けるための輪を作る) ※ほぼ(A)です
  • (C)チチワ結び(Bの輪をAのコブに引っ掛ける)

・各所の先端部分にA(オス)とB(メス)をつくる。
・Aで作ったコブに、Cの方法でBを固定する。

という考え方です。

最後の毛鉤への結びは、ハリスの先端を毛鉤の穴(アイ)に通して二重8の字結びです。
※余分な糸は切っちゃってください。

各端のイメージ

竿の先端(A)-(B)メインライン(A)-(B)ハリス(B)-(アイ)毛鉤

※別記事で結び方を写真入りで解説してみました!

セッティング

簡単に図解しますとこんな感じです。

ラインの長さも目安で書いてますけど、まあこれも適当でOKです。
やりながら、もっと長い方がいいなとか、取り回しずらいから短めで、とかとか。

釣り場へGO!

Sven LachmannによるPixabayからの画像

釣り場

初めての方は管理釣り場を強くお勧めします!
管理釣り場で全く釣れないということは経験上ないので、最初の一匹を手にするのに安心です。

ルアーやフライで釣りしたことない人は、疑似餌で魚が釣れることにまずびっくりすると思います。
なので、このゲームフィッシングの感覚を味わうことが第一歩なんじゃないかなと。

「近隣エリア テンカラ 管釣り」とかでググると出てきますので、正直どこでもいいと思います!

釣り方

竿の振り方に関しては他のサイトに詳しくあるので、
youtubeなどの映像をみてイメトレして臨んでみてください。
そんなに難しく考えなくても大丈夫です。本当に。

PART2 毛バリを流れに!キャスティングをマスター

もちろんうまい人は遠くにそっと飛ばすし、いろんな角度で投げられるしで、技術の差があり釣果に差が出るものと思います。
でも、1時間も竿を振って試行錯誤してれば、不細工でもある程度カタチになるので、最初はそれで問題ないです。

ちょっとだけ私が感じたキャスティングのキモを。
・持ち方は、竿の持ち手(グリップ)を上からつかんで人差し指を伸ばして竿の上に置きます。
・12時まで竿を持ち上げると、毛鉤が後方に飛びますので、後ろに伸び切るまで一拍待ち、前方10時
に竿を戻す。

というイメージ

毛鉤が水面についたら
あとは川の流れるままに任せて、ナチュラルに毛鉤を流していくのが基本です。
5秒ほど流して釣れなければ、毛鉤を持ち上げ再度毛鉤を上流に投げ流します。この繰り返し。

まるでエサ?釣れないときのチート技

最後にこれが一番書きたかったのですが、
上で挙げた毛鉤のほかに、もう1つできれば持っておいていただきたいものがあります。
それがこれ。

管理釣り場で毛鉤に全然アタリがないときに、爆釣できるのがトラウトガム。
厳密にいうと毛鉤ではないですし、禁止の釣り場があるくらいなので使用にあたっては要注意ですが、1つお守りとして持っておくとよいかもしれません。
釣れないときは本当に気持ち的にツライですから、これがあればコンスタントに魚を連れてきてくれるはず!

※繰り返しですが、使用禁止の管理釣り場があるので、念のため釣り場に事前確認をお願いします!

まとめ

まずは釣り場に行ってやってみることでいろいろ見えてくるものがあります!
そして釣り場のスタッフの方はいろいろ優しく教えてくれますので、じゃんじゃん聞いてみるのも大事だと思います。

以上まとめるとやることはこれ!

  1. 基本の道具を揃える:①竿②メインライン③ハリス④毛鉤
  2. はさみなどのこまごました備品を100均で揃える
  3. 糸の結び方を3種類覚える
  4. 家の近くの管理釣り場を検索
  5. 前日にyoutubeなどを見ながら、釣り方をイメトレ
  6. 管釣りへGO!!

1回行けば、次はああしよう、こうしようと課題が見えてきますので、みなさんの第一歩になればうれしいです。
細かい部分はまた別の記事でも補足を書いていこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました