【2つだけ覚える】テンカラ ラインの簡単な結び方はコレ!

遊び
Photo by Will O on Unsplash

テンカラ釣りで唯一といっていいぐらい”覚える”作業が必要なラインの結び方。

釣り初心者の方を教えてると、これがなかなかハードル高いんですよね。
釣り場で教えるのですが、手元が見えづらかったりでうまくいかなかったり。。。

細かい部分なのですが、結び方がうまくいってないと、いろいろな弊害があります。
せっかくかかった魚を逃がしてしまったり、キャスティングがしずらかったりなどなど。

私自身面倒なことが嫌いなので、テンカラ釣りに出会う前は、
ルアーフィッシングや海釣りなど、ほぼ1つの結び方で乗り切っていました。
しかし、渓流界隈の釣りでは、それだけでは無理だと悟りました。

そのうえで、とにかく簡単に!というモットーのもと、
とりあえずはこれだけ覚えればOK!という簡単な結び方に辿りつきました。
この記事ではそれを紹介したいと思います。
※いわゆる「チチワ結び」というやり方です

覚える結び方は大きく2つだけ!

釣りのことを調べるといろいろな糸の結び方があって、
図解を見るだけで混乱しますよね。私もそうなので激しく同意です。

なので、できるだけわかりやすく写真など入れてみましたので、
とにかく手を動かしてみてもらえればと思います。
きっとわかっていただけるはず!

まずは考え方の理解

糸の結び方を覚えるときに、手順を見ながらいきなり手を動かすと、
カタチだけマネしていくのでなかなか覚えられないんですよね。
なので、まずは竿や糸など各パーツをつなぐための考え方を覚えるのが大事なんじゃないかと。

  • 竿、メインライン、ハリス、各々の先端部分に結び目を作ります。
  • 結び目は2種あって、Aはコブの役割、Bは輪っかの役割です。
  • Aのコブに、Bの輪をひっかけて固定することで両者を接着します。

A(コブ)とB(輪)はこんな見た目。

上がA(コブ)、下かB(輪)

上のグレーがA(コブ)、下のグリーンがB(輪)で、この二つほぼ同じ結び方でできます。
「8の字結び」という結び方で、唯一の違いはBは糸を二重にしているという点のみ。
なので、結び目を作るための結び方は1種のみ!と考えてもOKなくらいです。

各結び目の接続

竿、メインライン、ハリスの結び目(A)/(B)を文字で配置するとこんな感じ。

竿の先端(A)-(B)メインライン(A)-(B)ハリス(B)-(アイ)毛鉤

追って写真入りで解説しますので、まずはイメージです。

で、AとBを接続する方法としてもう一つ結び方をご紹介します。
それが「チチワ結び」
※ちなみに、事前に結び目を作る「8の字結び」を含めた全体として「チチワ結び」と呼ぶ場合もあります。

見た目はこんな感じ。

グレーのA(コブ)と、グリーンのB(輪)が赤い丸の部分で「チチワ結び」により接続されています。
Aのコブがストッパーとなり、Bの輪をひっかけて固定してる感じがわかるかと思います。

図解!結び方の詳細

では、具体的な結び方を写真とともに順を追ってご紹介します!

Aの”コブ”づくり(「8の字結び」) 

竿の先端とメインラインに使います。
※竿の先端は「リリアン」と呼ばれます。

↓①先端を折り返して輪を作ります。

↓②できた輪の根本のところを左手の親指と人差し指でつまみます。

↓③輪を右手で持って、奥側にクイッと1回捻ります。写真は捻った後の様子。
  そうすると、輪の根本にもう一つ輪ができますね。(ここが一番わかりづらいかも・・・)

↓④元々あった輪にラインの先端を通します。

↓⑤先端を通した後のイメージです。

↓⑥先端を引っ張っていくとこんな感じに。

↓⑦どんどん締めていくとこんな感じでコブが出来上がり!
 (メインラインで作ったコブは、先端を切っちゃってもOKです。)

いかがでしょうか!?
これができればもうほぼゴールです。
頭で理解しづらいのは③のところですかね。
手を動かすと見えることがあるので、ぜひ適当な紐でやってみてください。

Bの”輪”づくり(二重「8の字結び」)

竿のメインラインとハリスに使います。
↓①ラインを折り返して二重にします。Aとの違いはこれだけ!

↓②あとはAと同様、先端を折り返して輪を作ります。
  ラインが二重な分、Aよりやや結びづらいですが要領は全く同じ。

↓③輪っかを向こう側に1回捻ります

↓④輪っかに先端を通します。

↓⑤先端を引っ張って結び目を作っていきます。

出来上がり!

上の画像の赤矢印のところは不要なので切ってもOKです。
私は面倒なので大体そのまま。(結ぶときになるべくここが長くならないように調整します。)

AとBをつなぐチチワ結び!

AとBを接着します。(上がA、下がBです。)

AとBがわかりやすいようにBをグリーンに変えました。

↓①輪っかを根本のラインに折り返す感じで被せます。
  輪っかが根本のラインで2等分されるイメージです。

↓②2等分になった輪っかの間を縫う感じでAを通していきます。

↓③あとはAとBを締めこんでいくだけ。

↓④出来上がりです!

これで、竿+メインライン、メインライン+ハリスを接続します!

ハリスと毛鉤も8の字結び

毛鉤も同じく8の字結びが転用できます。
毛鉤のアイと呼ばれる輪っかの部分にハリスを通してから二重の8の字結びです。

↓できあがりはこんな感じ。図の中の赤矢印の部分(先端の余り)はカットです。

さらに便利なひと手間

最後に、Bの輪っかをさらにひと工夫!
↓①先端にもう一回8の字結びをしておきます。

↓②これでコブに結ぶと、下画像の赤矢印の部分がピロっと出ます。

釣りが終わって仕掛けをばらすときに、細いラインをつまむのに手間取ります。
が、これを先端に付けておくと、この赤矢印の部分を引っ張るだけで簡単に外れます。

まとめ

この結び方を初めてやってみたとき、簡単すぎて「え、これじゃほどけない!?」と不安でした。
でも、全然大丈夫!
いまのところ結び方が原因で魚を逃がしたことないです。
引っ張られれば引っ張られるほど、きつく縛られる仕組みみたいです。

この一連の結び方は渓流界隈では一般的なもので、餌釣りなんかでも使わせる結び方。
歴史ある結び方で、この有用性はなにより歴史が証明してますね。
ルアーなどのゲームフィッシングから始めた私は全く縁がなかったので、目からうろこでした。

本当に簡単なので、ぜひやってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました