【禁煙の効果やメリットは?】私がタバコをやめられた方法【禁煙セラピー】

生活
Photo by Luke Besley on Unsplash

私は2016年に禁煙に成功しまして、この記事を書いている現在で約5年ほど経ちます。

禁煙ってなかなかしんどいですよね。
私は大学生の頃からたばこを吸い始め、約10年以上たばこを続ました。
たばこを吸っていた当時はたばこのない生活が考えられず、
まさか自分が禁煙できるなんて!と思っていました。

やめる直前は1日あたり2箱程度吸っていたので、まあまあヘビースモーカーでした。
そんな私もタバコをやめられたので、その方法をご紹介。

といいつつ、超王道な方法です。
ご存知の方も多いと思いますが、
禁煙者に向けた書籍「禁煙セラピー」を読んでやめた口です
表紙に”読むだけで絶対やめられる”とあるくらいで、私にとってはすごく効果的でした。

ただ読めばやめられるというほど簡単なことではないので、
その辺の自分なりの考察も含めて共有したいと思います。
というか、本読んで喫煙という強い習慣が変わるって、結構ヤバイというか怖いですよね・・・笑

禁煙失敗の記憶

私は一度禁煙に失敗しました。

当時大学生4年生だった私は、半年間のアメリカへの海外留学が決まり焦りました。
「アメリカってたばこメッチャ高いらしいし、どうしよう・・・」
そこで、アメリカへ向かう飛行機の中で『禁煙セラピー』を読みました。

結果、ひとまず禁煙に成功!
留学当初は右左もわからず、たばこのことなんか考えている余裕もなかった、というのも功を奏したかなと。

Photo by Su puloo on Unsplash

しかし・・・
アメリカ生活に慣れたころ、現地で知り合った友人にたばこを勧められ、
コミュニケーションの一環だと思い1本いただいたところ、そこから見事に復活してしまいました

当時のアメリカでは、確かたばこ1箱$10近かった気がします。
結構な金銭的負担ではありましたが、なるべく本数を減らす努力に励むも、やめるまでにはなかなか至らず。
(ただ、アメリカではいろいろタバコが安く手に入る方法もあり、それはまた別の記事でご紹介するかも。笑)

そんな経験から、
「自分はたばこやめられないんだな・・・」という負の記憶が脳に刻まれました。

たばこがない生活がイメージできない

大学卒業後に就職した会社も周り喫煙者が多く、愛煙生活が続きました。

ストレスも多い仕事で、喫煙所がデスクに近かったこともあり、ことあるごとにたばこを吸う生活。
徐々に吸う本数も増えていき、1日1箱を超え出してからは、「やばいなぁ、やめないと・・・」という気持ちが強くなりました。

とはいえ、もはや”たばこがない生活がイメージできない”状態になっていた私、
やめるきっかけもなくダラダラと10年ほどが経ちました。

なぜたばこをやめられなかった?デメリットは?

たばこをやめたいと思いながらなぜやめられなかったのか?
今考えると特にデメリットを感じなかったから」だと考えています。
巷でよく言われるたばこのデメリットはこんな感じでしょうか。

  • お金
  • 健康
  • 時間
  • 周囲への影響

たぶん愛煙家たちもこの辺判っているんですけど、
正直あんまり実害がなく、実際のところどれもデメリットに感じられないっていう問題があるんじゃないでしょうか。

お金も食費の一部くらいに感じてるので必要経費のひとつと捉えていたし、
健康診断の結果も特にその時点では問題なく。
時間といっても、たばこを吸ってる間は同僚とコミュニケーションをしたり、
すこし落ち着いて考えをまとめるための重要な時間でしたし、
一人暮らしで副流煙で迷惑をかける人もいないし。
巷でいう禁煙のデメリットに対して、全部反論できてしまうわけです!

Photo by Radek Grzybowski on Unsplash

私がたばこをやめた方法

そんなヘビースモーカーだった私ですが、禁煙に成功しています。
成功したときの様子をご紹介していきます。

再禁煙のきっかけ

仕事で忙しく師走を駆け抜け、やっと落ち着きつつある年末。
その年は年末年始に予定がほぼなくて、何か自分のためになることしたいなとぼんやり考えていました。
ふと、留学時の『禁煙セラピー』のことを思い出しました。
家を探すも本が見当たらず、Amazonでポチっと。

『禁煙セラピー』で禁煙を決心

一度は禁煙に成功したことがある『禁煙セラピー』。
10年ぶりに読む本書はやはり説得力がありました。

多少大人になり知識を得ていることもあって、素直に飲み込めないところも所々あったのですが、
まあ、良い方に解釈するというのも大人の対応ですね。
というわけで、喫煙は年内までとして、1月1日より禁煙することを心に決めました

本の本旨とはズレるんですけど、本を読んで私はこう強く感じました。
「タバコを吸うメリットが特にない」
禁煙に際して、とかくデメリットに焦点が当たりがちですが、
逆で、たばこのメリットのなさをすごく感じさせてくれました。

たばこの禁断症状

大晦日は毎年恒例の飲み会がありまして、日々のストレスもあってここぞとばかりに暴飲暴食。
決心も忘れて、元旦の早朝まで飲んだくれ、たばこも吸いまくり!

飲み会が終わって帰宅し就寝。
目覚めて二日酔いを感じながら、朝一番のたばこ吸おうとたばこの箱を手にしたとき、
やっと禁煙の誓いを思い出しました
このときの絶望感、いまでも覚えてます笑

この日は1日中吸えないたばこのことを考えてました
この日が一番つらかったです・・・

二日酔いで体調が悪かったこともあり、美味いたばこのイメージがわかなかったのは不幸中の幸い。
(風邪ひいたときのたばことか本当に不味いですから。)
なんとか1日乗り切りました。寝る時も寝付けず辛かった・・・

1日吸えないだけでこんなに脳が支配されるんだから、たばこってこわい!と改めて思います。

禁煙初期の1週間

そして禁煙2日目、早くもたばこへの欲求が減っていきました
感覚としては、たばこのことを思い出す時間が半分くらいになった感じ。
「あれ、もしかしてイケる!?」という気持ちがふつふつと湧いてきます。

2日、3日と過ぎて、4日目くらいにはほぼ吸いたい気持ちがなくなっていました
この時まで極力在宅で外界の情報をシャットアウトして、
たばこに触れたり考えたりしないよう過ごしました。
そうしていくうちに1週間過ぎる頃には、なんだかんだ「あ、もう大丈夫っぽい!」みたいな気持ちに。

とにかく最初の一週間を乗り切ることが自分にとってはすごく重要でした。

禁煙のタイミング

たばこを吸うタイミングって行動と結びついてると言われますよね。
朝起きたら、打ち合わせが終わったら、書類を作り終えたら、昼食を終えたら、とか。

私の場合は、仕事の合間に吸うシーンが多かったので、
仕事がないタイミングに禁煙をスタートした、というのも禁煙成功の要因としてデカかったと思います。

また、禁煙外来とかではなく自分の力で禁煙できたことも、
その後再びたばこに戻らないために重要と感じます。

たばこを辞めてみたメリットとデメリット

禁煙に成功した私が感じる、禁煙のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

改めてですが、
一般的に言われている禁煙のメリットって、やはり感じにくいと思うんですよね

お金が溜まるとか、健康になるとか、吸う場所を探さなくてよくなるとか・・・
すべてその通りだとは思うのですが、なかなか実感が湧きません。
なので、なにか「メリットがあるからたばこをやめる」という発想だと、結構しんどい気がしました

ちなみに、私がリアルに良かったポイントを挙げると、

  • 鼻掃除のときに、ヤニがつかずすごいキレイなこと。
  • 朝起きた時のだるさがちょっと軽減した(気がする。)
  • 再発防止としてガムやアメを定期的に買うようになって、それらの知識が増える。

スゴイ地味!

デメリット

喫煙所の会話がなくなったこと。
これ私にとってはすごいデメリットでした。
喫煙所でのコミュニケーションって、無くなってみてわかったのですがすごく大事でした。

私自身、積極的に人とコミュニケーションをとるタイプではないので、
喫煙所という空間を共有することによる会話のきっかけにだいぶ助けられてたんだな、ということがわかりました。

それに気付いた私は、禁煙後もたまに喫煙所に出没したりしました。ウザいですね。

禁煙後の遊び【ネタバレ:ワンコイン投資】

禁煙後って、ちょっと手持ち無沙汰になる感覚があるので、
たばこに使っていたお金を、毎日投資に充てるというのはどうでしょうか!?

今ってたばこ1箱500円くらいですよね。
たばこを吸っていたらかかっていたお金で株を買うのです。

もしまだ投資をしていない人は、株って費用面で高いイメージを持ってるかもしれません。
日本の株って基本100株単位で売買されるため、結構な初期投資が必要なんですが、
いまは1株から買えるサービスが結構あります。
※SBIネオモバイル証券やLINE証券なんかが1株取引のサービスをしています。

例えば、たばこ1箱分の500円で買える株はこの辺 (2020.09.01現在)

  • 三菱UFJ 441.7
  • みずほ銀行 143.2
  • 日産自動車 430.7
  • ENEOSホールディングス 412.8

株なので元本割れする可能性もありますが、もちろん増える可能性もあります。
もともとなくなるお金だったし、経済の勉強にもなるしで、これ良いんじゃないでしょうか!?

ちなみに、日本のたばこ会社「JT」の株価が現在2,000(2020.09.01現在)ほどなので、
たばこ4箱分(=禁煙4日間)くらいです。
たばこをやめてたばこ会社の株を買うというネタみたいなことが実現します。

※投資初心者の方は、1冊くらいお金に関する本を読んでから始めるとよいかもです。

まとめ

たばこをやめた直後はさすがに再発が怖くて油断できない!と思い、
たばこからなるべく距離を置くよう常に意識していました。
しかし、今となっては飲み会でもらいたばこする始末
それでも翌日は特にたばこを吸いたいという感情もなく、完全なる禁煙を達成しています。

最後に私の禁煙方法をまとめるとこんな感じです。

①準備
禁煙セラピーを手に入れます。
※古書だと数百円です。たばこひと箱にも満たないので、とりあえず買ってみてください!

②タイミング
読み終わるタイミングを休日に!(できれば3連休など休みが多いときに)

③禁煙方法
待つ!待つのみ!時間が解決します。
ゲームや映画、漫画など家で楽しめる遊びがおススメ!まずは1日を目標に!

④投資
投資してたばこ代を増やしちゃいましょう!

いまたばこを嫌々吸っている方は、少しの我慢なのでぜひ禁煙にトライしてみて欲しいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました